我が家のことではありません。
私の実家の話です。
昭和42年に大阪市旭区から高槻に引越してきてから、かれこれ43年たった実家(もちろん、途中で改装を何度かしたが…)を建て替えることになり、今日はそのお引越し。
私は仕事のため、何も手伝えなかったけど、せめて夕飯ぐらいは…と思い、我が家に両親をよんでいっしょに鍋をかこんだ。
長年住んだ家が壊されるのは、寂しいけど、築43年のぼろ家に、老いた両親を住まわせるより、きれいな最新設備の家に住んでもらえることを思うと、建て替えに踏み切った兄に感謝する。
ありがとう!お兄ちゃん。三ヶ月後が楽しみです(#^.^#)

カテゴリー: 日々の出来事