今日はロックを飼った記念品。

11年前の体育の日、まだ10歳の毬乃と7歳の純平を連れて、近くの河川敷公園へバーベキューに行った。
当時はペットブーム絶頂期でワンちゃん連れの家族がたくさんいた。
すると、めちゃめちゃ可愛いミニチュアダックスフンドが二匹こちらに近づいてきた。
慌てて飼い主が「こうたろう!」と呼びながら差し伸べた手が、手首から先が無くてびっくりした。
それでもその家族は幸せオーラがいっぱいで、こちらまで幸せになった。
単純やけど、その日のうちにペットショップへ行き、甲斐犬のロックを飼った。

その後、2回ほど、こうたろう君家族に会ったが、今はどうしてるのだろう。

そうして、家族になったロック、それから事あるごとに、私たちに笑顔と元気をくれている。

毎年、春と秋、特に体育の日は必ずここへ来ては、ロックと遊ぶ。
8歳で白内障になり、今では明るさ暗さしか感じれない視力になったロック。それでもここでは嬉しそうに走り回る。

ここへ来るたびに月日の流れを感じ、心地よい風と澄んだ空を見ては心が解放される。

こうしてロックと来れる日も、もしかしたら家族が揃う日も、後何回も無いかもしれない。
ちょっと、いえ、だいぶ寂しいけど、だからこそ、今を大事にしようと思う。

またここへ来ようっと(^-^)


image393image394image395image396

カテゴリー: 日々の出来事