100523_180201.jpg

今日の夕方 4時頃〜6時半頃まで、うちの横の交差点から東側、次の交差点辺りまで(約100M)の超小エリアだけ停電した。
私と息子は昼から買い物に出かけていて、途中で家に電話すると
「さっきから、4回も停電して、今も停電してる」と娘が言う。
あまり気にもせず、大雨だけ気にしながら帰ると、家の中は薄暗〜い。
テレビも見れず、パソコンも中断。ポットも炊飯器の保温もダメ。天気悪いからまだ4時過ぎなのに暗〜いし、最悪(T_T)
夫曰く「関電に電話しても話し中。さっきから関電の緊急車が走り回ってるわ」
「え〜なんで〜!」
冷蔵庫を開けると真っ暗。
最悪!まぁ今日は気温が低くて良かったかも……いやいや何も良くない!
我が家の前の道を挟んだ向かいの家は明かりがついている。
雨の中、表に出て、同じように心配して出てきている近所の人に尋ねると、極小エリアだけの停電らしい。
隣の町内の実家に電話しても、停電していなかった。
関電の人たちが大雨の中、走り回っていた。
2時間近く、何も活動できずに過ごして、イライラした。
関電の人に聞いても、何時までかかるかわからないと言う。
こうしてても、夕飯も作れないし、しかたがないから外食しようと、準備をしはじめたら、ようやく復旧した。
電気のありがたさが身に染みた。
明日から定期テストの娘は、勉強できなかった言い訳にする!と喜んでいました(^^ゞ

カテゴリー: 日々の出来事